ポーセラーツ・ポーセリンアートとは

各レッスンのご案内

map

ホーム  >  ポーセラーツ・ポーセリアンアートとは

ポーセラーツ・ポーセリンアートとは

『ポーセラーツ』の名称はポーセリン(Porcelain:磁器)とアート(Art:芸術)を組み合わせた造語です。

ポーセラーツはシール感覚で使える転写紙や自由に絵を描くこともできる上絵の具、ポイント使いでランクアップが楽しめる金彩などを使い、白磁器に自由に絵付けを楽しむ実用性の高いクラフトです。

転写紙を使用して、白磁に貼り付けてデザインをしますので、絵を描くことが苦手な方でも簡単に本格的な作品を仕上げることができます。
お好きな器にお好みのデザインや絵具で絵付けをしたり、金彩をしたり、世界で一つだけのオリジナル作品を作ることができます。

ポーセリンアートとは磁器に絵付けをすることそのものを指す言葉です。

Salon de Marie Antoinetteでは、たくさんの種類の白磁や転写紙をご用意しております。
お好みの白磁、転写紙で、お好きなデザインで作成できます。

ポーセラーツが初めての方でもわかりやすく、丁寧にアドバイスもさせていただきますので安心してレッスンにご参加ください。

ポーセラーツ・ポーセリンアートに必要なもの

磁器

まっ白な磁器を白磁と呼びます。この白磁をキャンバスに世界に1つのオリジナルテーブルウエアを作ります。カップ&ソーサのほか、ポットや小物入れなどバリエーション豊富にあります。

転写紙

シール感覚で磁器にペタペタ貼っていきます。
花やリボン、ストライプやドット柄など、シンプルなものからグラフィカルなものまで、さまざまな種類がございます。

用具

スキージー、パレットナイフ、ピンセット、様々な用具を使います。
上絵付け専用の絵の具を上絵の具と呼びます。 白磁に自由に絵を描いたり、白磁に色を付けたい時に使います。

ポーセラーツ・ポーセリンアートが出来るまで

STEP1

転写紙をハサミで切ります。

STEP2

水の中に転写紙を台紙ごと入れ、転写紙が台紙から離れるのを待ちます。

STEP3

転写紙を白磁に貼ります。
転写紙と白磁の間にある水と空気を抜きながら丁寧に。


STEP4

転写紙の貼れない箇所には、上絵の具を使って色を塗ったり、絵を描いたりします。

STEP5

乾燥させてから電気炉で800度で焼成します。

完成

慣れてきたら色々な技法を加えたり金液を使うことにより、自分だけのオリジナルの作品になります。


ポーセラーツ・ポーセリンアートの基本的な技法

盛り

専用の粉と溶剤(水性)を好みに合わせて調合し、盛り、アントワネット盛りに仕上げます。


絵の具

混色が可能なので、お好みの色を作り上げる事ができるので、転写紙よりも更にオリジナリティーを表現できます。

ラスター

白蝶貝のような虹色の輝きを表現できます。

金彩

ペンタイプで気軽に、液タイプで本格的に彩りを加えることができます。ゴールドだけでなくプラチナ色もございます。


Official  Blog

掲載雑誌
Salon de Marie  Antoinette et M.Couture

東京都港区高輪1-27-37
高輪ザレジデンス2105
TEL:080-1266-8673

ポーセラーツ・ポーセリアンアート教室、転写紙・白磁など材料の販売を行っているサロンです。